離宮公園の概要

須磨離宮公園の基本データ

緑豊かな広大な敷地、眼前に広がる大阪湾の青い海、四季折々の花々。
昭和33年4月、今上天皇(当時、皇太子殿下)のご成婚記念事業として整備が始まり、昭和42年、自然と美しく調和した近代的な欧風庭園として開設されました。その後、植物園、子供の森やバラ園を増設し、四季を通じて憩える公園となっています。

開園年月日

1967年(昭和42年)5月1日

総面積

23ヘクタール(有料区域)

来園者数

年間約25万人

須磨離宮公園の歴史

  • 大正3年 西本願寺月見山別邸を買収した後に皇室の別荘「武庫離宮」が完成。
  • 昭和20年 戦災により離宮御殿は焼失。神戸市に下賜される。
  • 昭和42年 今上天皇(当時皇太子)御成婚記念事業として須磨離宮公園が完成。
  • 昭和54年 植物園を増設。
  • 昭和58年 子供の森冒険コース完成。
  • 平成元年 「日本の都市公園100選」に選定される。
  • 平成20年 日経「おすすめ月見スポットベスト10」に選定される。
  • 平成27年 日経「春に誘われ西洋風ガーデン巡り10選」に選定される。 

周辺スポット

  • 須磨海浜水族園(約1km)
  • 須磨海水浴場(約1km)
  • 須磨海浜公園(約1km)
  • 須磨浦公園(約2km)
  • 須磨浦山上遊園(約2km)
  • 須磨寺(約500m)
  • シーパル須磨(約1km)