今週の花の見どころ

7月24日現在の花の名所の開花状況です。
灘区の六甲高山植物園では7月31日まで「あじさい園」をオープンしています。花崗岩からなる六甲山の酸性土壌により美しい青色に染まった、ヒメアジサイやシチダンカなど、多種多様なアジサイを観賞できます。その他、ニッコウキスゲ、カライトソウ、ナツツバキ、キキョウ、スイレンなどが見頃です。
中央区の布引ハーブ園では家庭菜園ポタジェにて、ハート形のトマト”ハートブレイカー“、白く美しい花が特徴の花オクラ、食用ヒマワリ“タイタン”、縦じま模様がユニークなナス“縞むらさき”など、ユニークな夏野菜が元気いっぱいに育ち、自然の恵みが感じられます。
8月31日(木)まで開催中の夏のイベント「わんぱくパーク2017」では、園内各所で体を動かしてあそべるポイントや懐かしい昭和のあそびが登場し、大人も子供も1日中お楽しみいただけます。ハーブ園ならではの夏を全身で感じながら散策をお楽しみください。
北区の森林植物園では「あじさい園」にてガクアジサイやバイカアマチャが美しく咲いています。タマアジサイも咲き始めました。長谷池ではヒメコウホネ、アサザ、スイレンが次々に咲き、ハンゲショウも白い葉を見せています。さくら園周辺など、園内にはウツボグサやカワラナデシコ、キキョウ、トモエソウが咲いています。
しあわせの村の日本庭園ではサルスベリやハギが開花中です。薬草園、ハーブ園ではオミナエシ、ハギ、マーシュマロウ、エキナセアなどが開花中です。その他村内各所にてノウゼンカズラが開花中です。
須磨区の須磨離宮公園ではニチニチソウやスイレン、セイヨウニンジンボク、ミソハギなどが見頃です。観賞温室は夏の花・カラーリーフのディスプレイをしています。サンタンカ、マンゴーの実、プルメリアが見頃です
SUMMER FESTIVAL 7/1(土)~8/30(水)
8/11(金祝)~8/15(火)入園無料・夜間開園(本園20時まで、子供の森18時まで)

花と緑のまち推進センターの催しをお知らせします。
7月19日(水)~7月30日(日)まで「多肉植物展」を開催します。

園芸教室のお知らせです。
7月30日(日)13:30~15:00「多肉の寄せ植え」教室
8月6日(日)13:30~15:00「ディッシュガーデンづくり」教室
8月20日(日)13:30~15:30「夏バラの剪定」教室を開催します。

※詳しくは花と緑のまち推進センター TEL351-6756までお問い合わせください。
次の更新は8月1日ごろの予定です。

電話での花のテレホンサービスは2016年4月18日をもちまして終了させていただきました。これまで花のテレホンサービスをご利用いただき、誠にありがとうございました。神戸市内の花の名所の開花情報は引き続き、花と緑のまち推進センターのホームページのご利用をお願いいたします。電話でのお問い合わせは、花と緑のまち推進センター351-6756までお願いいたします。

« トップページにもどる

神戸市公園緑化協会

採用情報

神戸の身近な公園情報

六甲山のもりづくり

神戸みどりの夢基金

大学・企業との連携

市民農園のご案内

レストラン・食堂・売店

花時計

花をめぐる文学散歩