今週の花の見どころ

1月15日現在の花の名所の開花状況です。
灘区の六甲高山植物園は11/23(木・祝)~3/17(土)まで冬季休園中です。
寒さに負けず凛として咲く「バイカオウレン」の大群落や、雪上を黄金色に彩る「フクジュソウ」など、早春の花々をご覧いただくため、冬季休園中6日間の「特別開園」を下記のとおり行います。当日は温かいスープの振舞いなどの特典もございます。
【日時】2018年2月24日(土)、25日(日)、3月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)
10:00~16:00(入園受付は15:30まで)
中央区の布引ハーブ園ではフレグラントガーデンや滝のパティオで早春の代表的な花の一つ、スイセンが咲き始めました。スッと立って咲く美しい姿をぜひご覧ください。また香りのよいソシンロウバイも一緒にお楽しみください。
ただいまバレンタインフェア2018を開催中です。園内各所にてハートをモチーフとした様々なオブジェが登場し、フォトスポットとして賑わっています。みなさんすてきな写真をお撮りください。
展望エリアではときおり雪が舞う日があり、ヨーロッパをイメージした建物と相まって大変幻想的な、いつもと違った光景をお楽しみいただけます。ぜひこの冬もハーブ園に遊びにいらしてください。
緑と彫刻の道では湊川神社沿いのサザンカが満開で見頃です。中央体育館前のサザンカも満開に近く見頃です。
北区の森林植物園では園内の木々の枝、葉、実などで手作りした戌年の干支飾りが展示館前で皆様をお迎えしています。特徴のある木の実や冬芽、寒風の中で咲くコショウノキ(展示館前)・ジュウガツザクラ(さくら園)・イチゴノキ(西門付近)などがお楽しみいただけます。サザンカやチョウセンレンギョウ、ボケ、ロウバイなども見頃です。
しあわせの村では村内各所にてクロガネモチ、ピラカンサなど赤い実を付けた樹木やカンツバキ、サザンカの花が開花中です。日本庭園ではサザンカ、カンツバキ、ボケが開花しています。
中央バス停前の花壇は、花みどりボランティアによる藁の干支のオブジェを置いた花壇となっています。
須磨区の須磨離宮公園では植物園にてカンツバキ、ジュウガツザクラ、ソシンロウバイ、ニホンズイセン(咲き始め)が開花しています。ソシンロウバイは見頃で、周囲に甘い香りが漂っています。
温室のディスプレイがプリムラ・マラコイデス、カルセオラリアなど、春の花に変わりました。その他ユーチャリス(アマゾンリリー)やアカバナブラッシマメ、ストレリチア(極楽鳥花)をご覧いただけます。

花と緑のまち推進センターの催しをお知らせします。
1月16日(火)~1月21日(日)まで「野の花の型絵染展」
1月27日(土)~1月28日(日)まで「KOBEキノコ・コケ・テラリウム展」
1月30日(火)~2月4日(日)まで「港の見える公園パネル展」を開催します。
園芸教室のお知らせです。
1月21日(日)13:30~15:00「草木染(茜の根)」教室
2月4日(日)13:30~15:30「冬バラの剪定」教室を開催します。

※詳しくは花と緑のまち推進センター TEL351-6756までお問い合わせください。
次の更新は1月23日ごろの予定です。

電話での花のテレホンサービスは2016年4月18日をもちまして終了させていただきました。これまで花のテレホンサービスをご利用いただき、誠にありがとうございました。神戸市内の花の名所の開花情報は引き続き、花と緑のまち推進センターのホームページのご利用をお願いいたします。電話でのお問い合わせは、花と緑のまち推進センター351-6756までお願いいたします。

 

 

 

« トップページにもどる

神戸市公園緑化協会

採用情報

神戸の身近な公園情報

六甲山のもりづくり

神戸みどりの夢基金

大学・企業との連携

市民農園のご案内

レストラン・食堂・売店

花時計

花をめぐる文学散歩