トップ / イベント情報 /

イベント情報

2月4日(日)冬芽観察会と七草がゆ

2018.01.04 更新



冬芽観察と七草がゆ

 

葉をしげらせていた木々も冬の時期は葉を落としてすっきり。

この時期だからこそ見れる冬芽観察にでかけましょう。

オニグルミやクロモジなど、寒い冬を乗り越えるためにつくられた芽の工夫はさまざまです。 園内のいろいろな冬芽を観察しながら散策する散策会の後には、「春の七草」と「七草がゆ」について少し学び、冷え切った体を七草がゆで温めながら、一年の無病息災を皆でお祈りします。

 

日 時

2月4日(日) 10時15分 ~ 13時

 

参 加

100名(先着順)

※事前申し込み

 

参加費

無料(入園料、駐車場別途必要)

 

申 込

FAX078-594-2324またはホームページよりお申込みください。

 

 

七草がゆとは… 手に入る季節の野菜がごく限られていたこの頃、滋養に富む貴重な食材として若菜を野に出てつみ、七草がゆを作って弱った胃腸を回復させ、1年の無病息災を祈りました。 この風習が誕生した時代は旧暦の頃です。 新暦の現在、七草がゆは1月7日に食するのが一般的となっていますが、旧暦の1月7日は新暦ではおおむね2月上旬頃に該当します。

 

« 記事一覧へ