トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

年の瀬に

2019.12.27 更新

さぁ、いよいよ年の瀬が迫ってきましたね。

今年も残すところあとわずかです。

 

落葉樹は葉を落とし、厳しい冬を耐え忍んでいます。

 

 

 

 

 

冬はさみしい感じのする季節ですが、樹形や冬芽を観察できるチャンスです。

葉があるときにははっきりとわからない枝ぶりなどを楽しめます。

写真はメタセコイア並木です。

 

 

また寒い日が続く中「ロウバイ」が花を咲かせています。

 

 

 

 

 

ロウバイ(蝋梅)は半透明の蝋で作ったような花を咲かせます。

寒い時期に花を咲かせ、花柄が短くて枝にまとまってつき、良い香りがするなどウメと似ている点があるのでこの名前が付けられたようです。

ちなみにウメはバラ科、ロウバイはロウバイ科なので別の植物です。

名前の由来は他にも「蝋月(12月のこと)に咲くウメに似た花」という意味など諸説あるようです。

この時期に見られる貴重な花で良い香りがし、なんだか優しい気分になれる植物です。

 

森林展示館前のお正月の準備も整いました。

 

 

 

 

 

谷上駅にも「食いしん坊のネズミ兄弟」の干支飾りが登場しました。

お菓子がいっぱいのかわいらしい干支飾りになっています。

 

 

 

ここで締めに当園啓発担当係長より皆様へのご挨拶を載せておきます。

 

 

今年も一年間ありがとうございました。

ご来園いただけるときは生き生きとしたLiveの自然をお楽しみいただき、ご来園されないときにはブログなどで自然の素晴らしさを少しでも味わっていただければと願っています。

来年も皆様のご期待にお応えできるよう職員一同、精進していきたい思います。

年始には木の実のスミスネズミ君をゲットできる輪投げ「森のラッキータイム」を催します。

皆様の一年の運試しにもご来園賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

« 記事一覧へ
アーカイブス