トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

ざんざん残暑

2019.09.09 更新

前のブログに「すっかり秋の雰囲気に・・・」みたいなことを書きましたが、そんなものはどこへやら。
暑い日が続いていますね。

外出の際はもちろん、室内でもまだまだ熱中症に注意が必要のようです。

さて、前回も書いたと思いますが「ハギ」の花が咲き始めています。

写真は「ミヤギノハギ」
名前の通り宮城県に多く自生していて県花に指定されているようです。

こちらは「ヌスビトハギ」

名前の由来は実の形が「盗人(ぬすびと、泥棒のこと)」が忍び足で進む足跡に似ているということという説や、この実が服などにつかないようにするには泥棒のようにこそこそと慎重に歩かないといけないことからとの説があります。

実には極小の鉤爪があり、動物の毛にひっついて分布を広げる「くっつき虫」といわれる物の一つです。

このくっつき虫、衣服にも簡単にくっつきます。
別に調査したわけでもなく個人的な感想ですが、草むらを歩いてくっつく率No.1だと思います。ある程度の大きさがあるのでそのように思うのかもしれませんが。

他にはキンミズヒキやイノコヅチ、メナモミなどの果実や種がくっついてきます。

「ゲンノショウコ」の可愛らしい花も咲いています。

胃腸などに効く生薬として有名ですね。
センブリやドクダミと並ぶ民間薬の代表格です。
写真の物はピンク色ですが、白い花の物もあります。

湿った場所を好んで生える「サジオモダカ」

葉っぱの形が匙(さじ・スプーン)に似ていることからつけられた名前のようです。
こちらも生薬として有名です。

可愛らしい小さな花の「ミズヒキ」

だいぶ近くでみないとわからないんですが、一つの花が白と赤に分かれています。(一つの花を撮影できるくらいマクロで撮れるカメラがないので、是非現物を見ていただければ、、、、可愛らしい花です)
そのことからご祝儀袋などに使われている「水引(赤と白の蝶々結びのヒモみたいなヤツ)」と同じ名前が付けられました。
花のない時期でも葉に独特なV字の模様があることでこの植物とわかります。

ブリスベーンの森などで見られる「ブラシノキ」も花を咲かせています。

名前の通り、細長いコップや配水管を洗うときに使うブラシにそっくりの花を咲かせます。

また、花後にできる実の形も面白く、目玉のように見えます。

この実は非常に硬く、簡単には割れません。

この実が割れるにはかなりの高温が必要です。

自生地であるオーストラリアでは山火事が多く(ユーカリの木には油分がたくさん含まれていて、それも火事の一因となるようです)一度火事が起これば当然、火にのまれた植物は燃えてしまいます。

このとき火の高温にさらされたブラシノキの実は弾け、種を散布します。

他の植物が燃えてなくなってしまった大地にブラシノキはいち早く芽を出すことができるというわけです。
ブラシノキ以外にも同じ方法で種を散布する植物は何種類かあるようです。

人間以外にもというか、おそらく人間より前から火を利用しているのでしょう。
どのように進化していけば植物が火を利用するという能力を手に入れられるのでしょうか。
人間程度では解き明かせない自然の不思議ですね。

一応、人間の一員である僕は今の暑さにさえ負けそうです。
最近、しゃがんで作業をして立ち上がるとかなりの高確率で立ちくらみがします。
ほんまに気をつけなければ。

皆さんも本当に残暑に注意してくださいね!!
散策の際は水分補給をしっかりとして、木陰で十分に休んでください!!

« 記事一覧へ
アーカイブス