トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

あじさい見ごろ 続々!!

2019.06.29 更新

ついに近畿地方も梅雨入りしましたね。
例年よりかなり遅い梅雨入りです。暖冬だったり、梅雨入りが遅れたり、なんだか不思議な気候が続いていますね。

洗濯物が乾かず、高湿度で気分の滅入る日が続いていくことと思われます。

梅雨の似合う花「あじさい」を見て癒されてくださいね!!

まず、園内に入ってすぐのあじさい坂の両側に咲いているのが「ヒメアジサイ(姫紫陽花」

見頃を迎えています。
アジサイには土壌の酸性度で色が変化するものが多く、ざっくり分けると酸性→青色、中性~アルカリ性→赤色になります。その中間で紫色にもなります。
あじさい坂にはキレイな青色になるように肥料をまいているのですが、なかなか青で揃いません。同じ株でも青と紫の花をつけたりします。花色には他にも条件があるのか、すごくシビアに土壌の成分が関係するのか、、、、アジサイは奥が深いです。

「ベニガク(紅額)」も装飾花が紅色に染まってきました。

咲いてすぐは白い装飾花ですが、時間が経過するにつれてどんどんと紅色に染まっていきます。最初の白い花もキレイだし、紅く染まったものも美しく、色が移り変わっていく過程も楽しめます。
ちなみに、幻のアジサイ「シチダンカ」が掲載されているシーボルトの書いた『日本植物誌(フローラ・ヤポニカ)』にも掲載されています。江戸時代から続く古い品種なんですね。

次は「キヨスミサワアジサイ(清澄沢紫陽花」

装飾花のフチが赤く色づく(覆輪)可愛らしいヤマアジサイです。
この覆輪の特徴を引き継いだ園芸品種が多く作出されています。
千葉県の清澄山の近くに自生しているためにこの名前があります。
ちなみにヤマアジサイは別名「サワアジサイ」とも呼ばれるため、キヨスミ+サワアジサイで「キヨスミサワアジサイ」です。

「クレナイ(紅)」も美しく色づいています。

ベニガクと同じく咲き始めは白で、徐々に真紅に染まっていきます。
ベニガクよりも全体的に小型で可愛らしい印象です。
元々の名前は「呉藍(クレナイ)」という名前だったそうですが、現在は「クレナイ」という名前で流通しています。

「ショウジョウ(猩々」も味わい深い花を咲かせています。

青色の花房と赤紫色の葉が美しい品種です。葉が左右不対称のアジサイと紹介している書籍もあります。

「アナベル」もそろそろ見ごろになります。

アメリカ原産の「アメリカノリノキ」という品種のテマリ咲き変異種です。まぁ、そんな難しいことは抜きにして、白くて大きなテマリ咲きの花が見事です。
多目的広場の外周のところにたくさん植わっています。
アナベルは色づき始めと花の終わりにはライムグリーンに色づき、盛りの頃には純白に色づきます。
群植で見られます。

 
 
 
 
他にも様々なアジサイが見ごろです。

ピンク色の可愛らしいテマリ咲き「プリマ」

八重咲が魅力的な品種「スミダノハナビ(隅田の花火)」

やや捻じれたような花を咲かせる「アリランノアメ」

色々な形の装飾花をつける「イヨノサミダレ」

これから見ごろを迎える「ノリウツギ」

アジサイの見ごろはまだまだ続きます!!
お時間のある方は是非お越しください!!

« 記事一覧へ
アーカイブス