トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

ロックガーデン近況

2019.05.05 更新

ゴールデンウィークも残すところあと1日となりましたね。
長期のお休みだった方もそうでなかった方も森林散策をしてみてはいかがでしょうか。

少し前までの冷え込みはどこへやら、今日は外で作業をしていると少し汗ばむくらいの陽気でした。

暖かくなり、木々が葉を広げたことで日蔭が増えてきたロックガーデンでは色々な草本の花が見られます。

白くてよく目立つ「シライトソウ」

僕はこの花を見たとき、学生のときに理科の実験器具を洗うのに使ったブラシによく似ていると思いました。
学名は Chionographis japonica (Willd.) Maxim. といい、Chionographisという属名は「雪」と「筆」という言葉をくっつけた造語だそうです。
「雪の筆」と「ブラシ」、、、、感性を磨いていきたいと思います。

変わった花といえば、前回くらいにご紹介した「テンナンショウ属」の植物達も魅力的です。

ムロウテンナンショウ

ユキモチソウ

ウラシマソウ

ヒトヨシテンナンショウ

不思議な形をしていますが、食虫植物ではありません。

 
 
 
「ラン」の仲間も咲いています。

以前もご紹介した「エビネ」

少し色が違っているものもあり、詳しく観察してみるのも楽しいです。

黄色の花を咲かせているのは「キエビネ」

漢字で書くと黄色の海老根で「黄海老根」です。
先の「エビネ」と交配することも多く、雑種個体も見られます。

ユニークな花を咲かせている「スズムシソウ」

その名の通り、昆虫のスズムシに花の形が似ていることから名づけられました。
花弁の色が薄い茶色系なので写真に撮ると地面の色と被ってわかりづらいですが、スズムシが羽根を立てている姿と似ています。
この種も自生個体の数がどんどん減っており、各所で絶滅が心配されています。

ちなみに「スズムシバナ」という植物があり、こちらもスズムシソウと呼ばれることがありますが、全く関係のない植物です。こちらは秋の虫たちが鳴きはじめる頃に咲くことに由来した名前のようです。

よく目立つ花を咲かせているのは「クマガイソウ」です。

日本のランでは最も花が大きいものの一つとされています。
もう一つ似たラン、というか同じ属のランに「アツモリソウ」というランもあり、その名前は花の下の方の膨らんでいる部分(リップ・唇弁と言います)が、平家物語に登場する、熊谷直実(クマガイナオザネ)・平敦盛(タイラノアツモリ)という二人の武士が後ろからの矢を防ぐために背中に背負った母衣に似ていることに由来しています。
国語か古典で平家物語を習いましたが、なんとも考えさせられる話だったと記憶しています。
繰り返しになりますが、このランたちも絶滅の危機に瀕しています。
もしも、どこかの山の中などで見つけても暖かく見守ってくださいね。

元号が変わりはや五日が過ぎました。
令和元年も植物たちと共に時間を大切にしながら楽しんでいきたいと思う今日この頃です。

« 記事一覧へ
アーカイブス