トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

春告げる植物たち

2019.03.07 更新

暖かいような寒いような、雨が降ったりやんだり、微妙な天気が続いていますね。
春が近づいている証拠でしょうか。

ロックガーデンでは前にご紹介した植物達の他にも色々な植物達が葉をだし、花を咲かせています。
冬が暖かかったためか、例年より芽吹きが早いように思います。

独特な形の花を咲かせているのは「コチャルメルソウ」です。

花後につく実の形がラーメンの屋台で吹かれているチャルメラ(ラッパみたいなヤツ)に似ていることからこの名前がつけられたそうです。
色合いは少し地味で、見つけにくい花です。ロックガーデンの真ん中らへん、階段の脇に咲いています。

小さな白い花を咲かせているのは「セリバオウレン」です。

「セリ」に似た葉をつけることが名前の由来です。
セリ(芹)は春の七草でおなじみですね。漢字では「芹葉黄連」と書きます。

カタクリも葉を見せ始めました。

3月末頃には花が見られると思います。片栗粉の原料としてよく知られています。
詳しくは花をつけてから。

長谷池の近くでは「ネコヤナギ」が見られます。

雌雄異株(雌花しか咲かせない「雌木」と雄花しか咲かせない「雄木」がある植物のこと)です。写真は雄花です。
「猫柳」の名前の通り仔ネコのシッポようにフワフワな花ですね。
花言葉は「自由」だそうです。
僕の家はアパートでネコが飼えないので、この花を見て不足しがちなネコ成分を補おうと思います。

展示館前に「アーモンド」の鉢植えを展示しました。

あのお菓子作りに使われたり食用とされるアーモンドです。
展示しているのは「ダベイ」という品種です。
サクラとよく似た花を咲かせます。
サクラと同じバラ科の樹木で、昔はサクラ属に含められていましたが現在はモモ属に含まれることが多いようです。

もう一つ展示館に飾りました「シュンラン」です。ラン科の植物です。

おそらく野生ランの中で春に一番早く咲く蘭の一つだと思います。漢字で書くと「春蘭」です。
緑の花が渋いですね。個人的に大好きな花です。
ランは華やかな洋ランが有名ですが、派手さこそないものの日本のラン(和ラン)も趣があって素晴らしいと思います。
このシュンランはよく花屋さんで売られているピンクや黄色の鮮やかな「シンビジューム」の仲間です。
ちなみに展示館内のテレビの向かいで展示している「マヤラン」もシンビジュームの仲間です。

園内では「ツチグリ(ツチガキとも)」が見られます。

星のような、ヒトデのような、変わった形をしています。
漢字では「土栗(土柿とも)」と書きますが、栗や柿とは何の関係もなく、キノコの一種です。
湿気が多いと写真のような開いた状態になり、乾いてくるとだんだん外側が閉じてきます。
その時に真ん中の袋のような部分が押されて胞子が吹きだします。

↑少し閉じたところ。
可愛い見た目ですが園内は採取禁止ですので見て楽しんでくださいね。
持って帰っても胞子が大量にこぼれ出すので大変なことになりますが。

冬も終わりに向かいつつあり、これからは様々な植物達がどんどん芽吹き、花を咲かせていきます。
春の訪れを森林植物園で感じてみませんか。

« 記事一覧へ
アーカイブス