トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

雪の降る日に

2019.01.27 更新

昨日の晩から冷え込みましたね。

出勤してみると園内は雪景色でした。

 

暖かくなったのでお昼頃には溶けてしましましたが。

シモバシラの「シモバシラ」が出現していました。

  

もう茎がだいぶ傷んでいてあと何回も見られないかもしれませんが、冷え込んだ夜の次の日の朝はまだ見ることができるかもしれません。。

入園してすぐの展示館前広場で見られますので、冷え込んだ日は通りがてらにご覧になってみてくださいね。

ウメやロウバイはまだまだ見頃です。

  

  

近くに行くと良い香りが漂ってきます。

ピンク色のウメは天津の森で、黄色のロウバイ(写真はソシンロウバイ)は うさぎのくに の近くなどで見ていただけます。

園路などでフユノハナワラビが見られます。

あまり日が当たり過ぎない園路の端や林床などに生えています。
そんなに目立たないので思わず踏んでしまいそうです。
冬の時期には見られますが、夏になると枯れてしまう「冬緑性」といわれる少し変わった生活体系の植物です。
シダの仲間なので、花は咲きませんが胞子が詰まっている袋が花のように見えます。

園内では色々な植物の冬芽が見られます。

オオカメノキ(ムシカリ)

ハヤトミツバツツジ

2月11日に「冬芽観察会と七草がゆ」を予定していますので、それに向けて色々な冬芽についてブログを書いていけたらいいなーと思っています。

お楽しみに!!

« 記事一覧へ
アーカイブス