トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

年の瀬に

2018.12.28 更新

本日は寒い一日となりました。

昼過ぎまで雪が降り続け、少し雪景色を楽しめました。

ロックガーデンなどではリュウノヒゲ(ジャノヒゲ)のコバルトブルーに輝く美しい実が見られます。

自然のものとは思えないくらいツヤツヤな色合いです。

 

 

バイカオウレン(梅花黄蓮)の蕾も寒さに耐えて春を待っています。

暖かくなればキレイな花を見せてくれると思います。

青葉トンネルの近くでは「イチゴノキ」が雪の降る中花を咲かせています。

もう少ししたら名前の由来にもなっている「イチゴ」のような果実を見せてくれると思います。

 

シモバシラの「シモバシラ」も今年初めて見られました。

小さいですが。

わかりにくいですが「シモバシラ」は地面から出る「霜柱」のことではなく、シソ科の植物の名前です。
一見すると枯れた植物ですが、気温が零下を下回ると茎などに含まれる水分が空気中に吸い出され、茎を割って氷が出現します。

この植物も人間には作れないような美しい自然の芸術を見せてくれます。

来年1月中旬頃よりシモバシラに関する展示を行う予定なので、お越しの際は是非ご覧くださいね。

 

さて、時の流れは早いものでもう2018年も終わりを迎えようとしています。
「時間は人間が消費できるものの中で最も貴重なものである」という言葉を何かで読みました。有限である時間を大切に生きていきたいと思います。

森林植物園は明日12月29日~2019年1月3日まで休園とさせていただきます。
1月4日より通常通り開園して皆様のお越しをお待ちしております。

来年は「亥(イノシシ)」年です。

十二支には色々な意味が含まれているそうです。本当に色々な意味があるので詳しくは調べてもらえればと思いますが、植物に照らし合わせると亥年は「戌(イヌ)」年で実った果実がやがて種子を残し、その種子が力を溜めて次の世代へ向かう準備をするという意味の年になるそうです。

残った2018年、ゆっくり過ごして来年も張り切っていきましょう!!

今年も良いこと悪いこと色々とありました。
皆様もそれぞれの時間を歩いてこられたことと思います。

 

2019年も森林植物園職員一同、皆様と植物たちとともに歩み続けていきたいと思います。

よいお年をお過ごしください!!

« 記事一覧へ
アーカイブス