トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

冬の森から

2018.12.13 更新

光陰矢の如し、もう12月も半ばに差し掛かりました。
年末は色々と忙しくまさに「師走」ですね。
気温もどんどん下がってきていますので、風邪などひかないようにご注意ください。

 

展示館前の広場では1ヶ月以上前から待機しているサンタさん&トナカイたちがいます。

 

 

 

クリスマスには各家庭に向けて飛び立っていくのでしょうか。

サンタさんは「煙突から入ってプレゼントを~」という話を聞きますが、我が国にはほとんど暖炉や煙突は無いですよね。
どこから入って子供たちにプレゼントを届けるのでしょうか。

同じく展示館前広場には園内で採れた材料を使ったリースも登場しています。

 

 

 

 

なかなか巨大です。

 

 

 

 

メタセコイアやセコイアメスギにはクリスマス飾りもついています。

ご来園の際は是非ご覧ください。

 

 

そして、園内のそこかしこでは自然のデコレーション(飾りつけ)が行われています。

 

 

 

 

ヘクソカズラ(ヤイトバナ)の実

ヘクソカズラ(屁糞蔓)なんてひどい名前ですが、黄金色のキレイな実が見られます。
別名のヤイトバナ(灸花)は花がお灸のように見えることから名づけられたそうです。
他にもサオトメバナ(早乙女花)とも呼ばれますが、インパクトが強いからか断然、ヘクソカズラの名前のほうが通りがいいですね。

実が乾燥すると嫌な臭いはなくなります。

 

ソシンロウバイ(素心蝋梅)も黄色の可愛らしい花をつけています。

 

 

 

 

「ロウバイ」は花の内側が紫色ですが、ソシンロウバイは花全体が黄色です。

ロウバイという名は、花びらがロウ細工のように見えることから名づけられたようです。また、旧暦12月の名前「蝋月(ロウヅキ)」の頃に咲くことにも由来しているとか。

 

 

先日のブログにも書きましたが「サザンカ」も変わらずキレイに咲き誇り、風景に彩りを添えてくれています。

 

 

 

 

漢字では「山茶花」と書きます。
普通に読むと「サンサカ」
口伝されるうちに「サザンカ」になったようですね。

 

人工のイルミネーションもキラキラしてキレイですが、自然のデコレーションも趣があって愛らしいです。

合わせてお楽しみくださいね。

« 記事一覧へ
アーカイブス