トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

紅葉日和

2018.11.25 更新

連休、けっこう冷え込んでいますね。

皆様、風邪などひかないようにお気を付けくださいね。

紅葉のピークは過ぎ始めていますが、まだまだ見ていただける風景はあります。

 

芝生広場の横に見えるのは「カラマツ」です。

  

 

 

 

日本で唯一、落葉する(紅葉する)針葉樹です。黄褐色に色づきます。

漢字で書くと「落葉松・唐松」となります。

唐松は中国の昔の名前「唐(とう)」からではなく「唐絵(からえ、中国の絵画)に描かれている松」にその姿が似ていることからつけられたようです。

落葉するということは、春には新芽をだすということになります。その新芽も非常に美しいので春をお楽しみに。

 

あじさい坂を中心にイロハモミジも美しく色づいています。

     

 

 

 

 

 

 

日の当たり具合によって色づき方が変わりますので、場所によって違う色が楽しめます。

 

また先日、最低気温0℃を観測した植物園内ですが、こんな寒い中でも見られる花や実があります。

 

カラマツの下で見られるのは「マルバノキ」の花です。

 

 

 

 

紅葉がとても美しいマルバノキですが、花は不思議な形で、何かのモンスターのように見えます。

とても小さいですが、大きかったら不気味そうです。

 

「サザンカ」も園内各所で見られます。

 

 

 

 

♪サザンカ サザンカ 咲いた道 焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き~

という童謡「焚き火」に登場するあの、サザンカです。

最近はこの歌を知らない子が多いみたいですね。

焚き火もそこら辺で出来ませんし。

そんな時代背景とは関係なく、サザンカは美しく咲いています。

ツバキとよく似ていますが「花が丸々落ちるのがツバキ」対して「花びらが一枚ずつ散るのがサザンカ」です。

 

天津の森では「マユミ(真弓)」の実も見られます。

 

 

 

 

木材が固くしなやかで、昔は弓を作るためにこの木を利用したことから「マユミ」と名付けられたそうです。

果実は可愛らしく、ピンクっぽい四角形で、熟すとオレンジ色の種がのぞきます。

 

早いもので11月も後半。

今年の「紅葉のライトアップ」は12月2日(日)までとなっております。

紅葉と合わせてライトアップもお楽しみくださいね!!

« 記事一覧へ
アーカイブス