トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

渡り蝶

2018.10.08 更新

早くも10月ですね、、、、

時の流れはなんとも早いものですね。

 

台風が過ぎ去り、これからしばらくは気持ちのいい秋晴れが続きそうですね。

園内はまだ台風の影響で通行不可にしている部分も残っていますが、主要な園路は歩いていただけます。

 

滝池前では「シモバシラ」の花がまだ見られます。


 

 

 

シソ科のあまり目立たない地味な植物ですが、冬になると、、、、


 

 

 

名前の由来にもなっているシモバシラが出現します。

氷のシモバシラが見られるのは1月頃になります。

 

また現在は渡り鳥ではなく、渡りをする蝶「アサギマダラ」が飛来しています。


 

 

 

アサギマダラは名前の通り浅葱(アサギ)色のまだら模様がある蝶です。浅葱色は薄い青色といったところでしょうか。

アサギマダラの何が凄いのかというと、日本本州~台湾まで2000キロ以上の距離を飛んだ記録があるほど長距離の飛行をするからです。カウントしてないからわかりませんが、ここ数年の僕の移動距離よりも多いように思います。

特に大きさなどに他の蝶と違いはなく、どこにそんなパワーがあるか不思議です。

森林植物園では「ヒヨドリバナ」の蜜を吸っている姿を見ることができます。

生き物ですので、必ず見られるわけではありません。見られたらラッキーです。次に見つけられたらもっと全身が見られる写真が撮りたいです。

秋晴れの気持ちのいい森林植物園を散策してリフレッシュしてくださいね。

 

 

 

 

 

« 記事一覧へ
アーカイブス