トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

春を謳歌。

2020.05.06 更新

森は春を謳歌しています。

久々に園内を歩くと、様変わりしており、
季節において行かれたような気がしました。

あれだけ明かるかった園内も、木の葉の影ができ、
春に花咲く木々があちらこちらで魅せてくれています。

しゃくなげ園の入り口も満開を迎えました。

そろそろ長谷池の流れ際では、オオデマリが

もこもこと大きく花をふくらんできています。

もう少しお天気であれば、満天の星空のようにキラキラする姿がみれますよ。

 

そんな足元にはびっしりと頭を垂れたお花がいらっしゃいます。

園内のあちらこちらで今、まさに頭を上げていこうとしているのですが、

なんだか恥ずかしそうにうつむいているように見えてしまいます。

みなさんだいたいこんな感じで、うつむき加減。

ちらっとお顔をのぞいてみると…

やっぱりどこか恥ずかし気に顔をみせてくれませんね。

 

でも、この方は咲くときは立派に上を向いてシャキッとするのです。

春紫苑(ハルジオン) キク科のなかまですが在来の植物ではなく

北アメリカ原産の帰化植物です。

 

姫女苑(ヒメジョオン)とよく間違そうになりますが

この春の時期に咲いていて、株の足もとに葉っぱがあったり、

茎が空洞だったりしています。

 

ちょっと花びら(舌状花)がピンク色のものもありますね。

こちらは珍しいものか!!?と思い、よくよくみてみると…

むしゃむしゃお食事中で、ちょうど柔らかい花弁を食べていた方がいらっしゃいました。

中心部分の花(管状花)は食べないのか?とグルメな様子に笑ってしまいましたが、これからが花盛りとなります。

増えると厄介なのでできる限り除草したいところですが、

今やっと上を向いて咲いているハルジオンに元気をもらいまいした。

 

« 記事一覧へ
アーカイブス