あじさい あれこれ

アメリカノリノキ

アメリカノリノキについて

アメリカノリノキは北米の東部と東南部に自生し、冬になると葉を落とすアジサイの仲間です。
果実の形がギリシャ時代の水を入れる容器に似ていることから、ギリシャ語の水を表すヒドロと容器を表すアンゲイオンをつなげてハイドランジアという学名が考えられました。

アメリカノリノキ(学名:アルボレスケンス)

アメリカノリノキ(学名:アルボレスケンス)は両性花が白く、装飾花は白い円弁の一重でガク咲きです。春に伸び出し、充実した枝に花芽をつけるため秋頃に花芽が形成される他のアジサイとは少し異なります。ペンシルヴァニアの山中でテマリ咲きの変種が初めて発見され「グランディフロラ」と名付けられました。

花房が大きい「アナベル」

そのグランディフロラから花首が強く、花房が大きい「アナベル」がオランダで作出されました。薄緑から白に変わる一重の装飾花をもち、花房の直径が最大で30㎝にもなります。

神戸市立森林植物園あじさい情報センター | Hydrangea Information Center

あじさいあれこれ

アメリカノリノキ

アメリカノリノキについて

アメリカノリノキは北米の東部と東南部に自生し、冬になると葉を落とすアジサイの仲間です。
果実の形がギリシャ時代の水を入れる容器に似ていることから、ギリシャ語の水を表すヒドロと容器を表すアンゲイオンをつなげてハイドランジアという学名が考えられました。

アメリカノリノキ(学名:アルボレスケンス)

アメリカノリノキ(学名:アルボレスケンス)は両性花が白く、装飾花は白い円弁の一重でガク咲きです。春に伸び出し、充実した枝に花芽をつけるため秋頃に花芽が形成される他のアジサイとは少し異なります。ペンシルヴァニアの山中でテマリ咲きの変種が初めて発見され「グランディフロラ」と名付けられました。

花房が大きい「アナベル」

そのグランディフロラから花首が強く、花房が大きい「アナベル」がオランダで作出されました。薄緑から白に変わる一重の装飾花をもち、花房の直径が最大で30㎝にもなります。