トップ / 花・緑情報 > ブログ /

ブログ

さよなら平成、よろしく令和

2019.04.30 更新

早いもので4月も最終日、そして平成が終わります。

時の流れは本当に早いものですね。

あいにくの雨模様ですが、植物達は元気に花を咲かせています。

つつじ・しゃくなげ園の入り口では「ツクシシャクナゲ」が見ごろを迎えています。
薄い桃色のキレイな花です。

「ハンカチノキ」も開花をしはじめました。

フランスの生物学者であるアルマン・ダビッド神父が報告したことで広く知られることになりました。ダビッド神父はジャイアントパンダの存在を報告した人物としても知られています。
ハンカチノキの学名は「Davidia ivolucrata Baillon」で属名のDavidiaはこのダビッド神父の功績からつけられました。

ハンカチノキはツツジ・シャクナゲ園の中、天津の森にあります。
現在はツツジ・シャクナゲ園内のハンカチノキが開花しています。

天津の森では「シロヤマブキ」が開花しています。

名前の通り白い花で、以前にご紹介した「ヤマブキ」の白い花の品種のように思われがちですが、属から違います。
ヤマブキは花弁が5枚ありますが、シロヤマブキの花弁は4枚です。

シロヤマブキの向かいあたりでは「リキュウバイ」が満開です。

白い清楚な花がみられます。
漢字では「利休梅」と書き、茶人である千利休にちなんで名づけられたようです。「千利休の命日に合わせて咲く」などの逸話もあるようです。
派手で美しい花も見ていて楽しい気分になりますが、こういう清楚で趣のある花を眺めるのもまた違った楽しみがあります。

もう一つ近くで花を咲かせているのは「シジミバナ」です。

可愛らしいモコモコした漢字の白い花です。
貝の蜆(シジミ)の実に花が似ていることからつけられた名前のようです。漢字では名前の由来の通り「蜆花」と書きます。
シジミのおすましや味噌汁は美味しいですよね。

薬樹園や長谷池の近くでは「ボケ」の花が見られます。

子どもたちに笑われる名前の植物ですが、名前の由来は花後に実る果実の形が瓜(ウリ)に似ており、木になる瓜、木瓜(モケ)と呼ばれていたのが転じて「ボケ」となったそうです。
現在で「木瓜」と書いてボケと読みます。

今日、明日と天気はあまり芳しくないようですが、元号が平成から令和へと変わります。
ついこの前に年度が変わって気持ちを新たにしたところですが、改めてフレッシュな気持ちで過ごしていきたいと思います。

« 記事一覧へ
アーカイブス