文字サイズ

  • A
  • A

カンヒザクラ(寒緋桜)が見ごろ

別名 ヒカンザクラ(緋寒桜)

緋色の恥ずかしそうにうつむきかげんに咲く花は一般的にイメージする桜の花とは違った姿をしています。

他のサクラに先駆けて咲くこの緋寒桜、緋色の花を寒い時期に咲かすことから名づけられました。

ヒガンザクラ(彼岸桜)とは似た名前ですが別の品種です。

ヒガンザクラと名前が混同されやすいため、カンヒザクラと呼び出し、今はその名前の方が一般化してきたと言われています。

中国、台湾、ベトナム等原産のバラ科の落葉高木。沖縄では桜といえばカンヒザクラが一般的です。

早咲きで見ごろを迎えて話題を呼んでいるカワズザクラ(河津桜)はカンヒザクラとオオシマザクラが交配して生まれた品種で、

カンヒザクラの早咲きの血を引いていることがうかがえます。

花まちの庭にて一足早いお花見をお楽しみください。

#ヒカンザクラ
#緋寒桜
#カンヒザクラ
#寒緋桜

花と緑のまち推進センター > 花まちの庭 > カンヒザクラ(寒緋桜) 見ごろ

アクセス

公益財団法人 神戸市公園緑化協会 花と緑のまち推進センター

  • 〒650-0006 神戸市中央区諏訪山町2-8 [アクセス]
  • TEL:078-351-6756 FAX:078-341-8710
  • 開館時間 9:00~17:00
  • 休館日 月曜日
ページの
先頭へ