文字サイズ

  • A
  • A

神戸花時計

◆ピンクリボン◆
今回の図案「ピンクリボン」は乳がんの早期発見・早期治療を促進する運動のシンボルです。このピンクリボンには、女性が『乳がん』を日々意識することの象徴となるようにという願いが込められています。またさらに『乳がん』になってしまった女性たちがこの病気を乗り越えて生き延び、そして克服できるようサポートする姉妹愛を表しているものです。

乳がんを日々の生活の中で意識してもらいたいと、日本でも2003年から乳がんの早期発見を啓発するための活動「ピンクリボン・フェスティバル」がスタートしました。

神戸市では、早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えることを目的として、10月の「乳がん月間」に合わせて今年もピンクリボンフェスティバルを開催します。

※神戸市は、平成26年4月1日に施行された「神戸市がん対策推進条例」に基づき、がんの予防及び早期発見に向けた取り組みを行っています。

◆図案◆
ピンクリボン

◆期間◆
令和2年10月1日(木曜)~10月下旬予定
(10月下旬に別の図案に植え替えとなる予定です)

◆使用花苗◆
シロタエギク(白色):2500株
ベゴニア(ピンク):500株

合計3000株

◆次回植替◆
10月下旬の予定です。

 



アクセス

公益財団法人 神戸市公園緑化協会 花と緑のまち推進センター

  • 〒650-0006 神戸市中央区諏訪山町2-8 [アクセス]
  • TEL:078-351-6756 FAX:078-341-8710
  • 開館時間 9:00~17:00
  • 休館日 月曜日
  
       
ページの
先頭へ