https://www.kobe-park.or.jp/sougou/wp-content/themes/sougou2016/images/category_picture/map.jpg
  • 【タカノハススキ】

    【タカノハススキ】

    イネ科のススキ属
    葉が斑のような模様が特徴。

    →花エリアマップ 6

  • 【キバナコスモス】

    【キバナコスモス】

    キク科コスモス属の多年草または一年草
    花の色はオレンジ色、黄色があり

    →花エリアマップ コスモス丘下

  • 【ケイトウ】

    【ケイトウ】

    ヒユ科セロシア属の不耐寒1年草。
    暑さに強く、真夏から秋にかけて炎のような鮮やかな色の花を咲かせます。
    ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がっています。

    →花エリアマップ6

  • 【キンモクセイ】

    【キンモクセイ】

    モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹。
    秋にオレンジ色の小花を無数に咲かせ、日本人にはなじみ深い、心地よい芳香を放ちます。楕円形の葉は、先端が少しとがり、革のような質感があります。


    →花エリアマップ2、3

  • 【リコリス】

    【リコリス】

    ヒガンバナ科の多年草
    高さ30 - 50cmの枝も葉も節もない花茎で、花弁が外側にそりかえり、長い雄しべと雌しべが目立つ花が、5 - 7個前後、外向きに並びます。

  • 【ツルレイシ】ゴーヤ

    【ツルレイシ】ゴーヤ

    ウリ科の蔓性一年生草本。
    果肉が苦いため、「ニガウリ」また沖縄本島では「ゴーヤ」と呼ばれています。成長すると長さ4〜5メートルになります。
    グリーンアリーナ神戸トレーニングセンターの節電対策のための、「緑のカーテン」として栽培しています。

    →花エリアマップ 7

  • 【シキザキナデシコ】

    【シキザキナデシコ】

    ナデシコ科の多年草。
    四季咲き(シキザキ)とは季節を限らず、何度でも花が咲くことです。
    2センチ前後の花を咲かせます。

    →花エリアマップ4・6

  • 【センニチコウ】

    【センニチコウ】

    ヒユ科のセンニチコウ属の一年草。
    草丈は50cmくらいです。7月から9月にかけて、直径2-3cmで、ボンボンのようなかわいらしい丸い花を咲かせます。



    →花エリアマップ 3、6

  • 【ゼフィランサス】

    【ゼフィランサス】

    ヒガンバナ科タマスダレ属の総称。多年草。
    日当たりの良い、やや湿った場所を好みます。
    白く美しい花を「玉」に、葉が集まっている様子を「簾」にたとえ、タマスダレと呼ばれることもあります。


    →花エリアマップ 3、7

  • 【フイリヤブラン】

    【フイリヤブラン】

    ユリ科の常緑多年草。
    花は紫色で、穂状です。
    漢字で書くと「班入り藪蘭」で、その名の通り、ヤブランの葉に斑が入ったものです。
    丈夫で美しい葉を持つため、開花時期以外も観葉植物として楽しまれています。


    →花エリアマップ 6

  • 【ヒガンバナ】

    【ヒガンバナ】

    ヒガンバナ科の多年草。
    全草有毒。彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来します。
    開花期には葉がなく、葉があるときは花がありません。




    →花エリアマップ 3、6

  • 【メドーセージ】

    【メドーセージ】

    シソ科の宿根多年生植物。
    草丈は1.5m程度で、初夏から晩秋にかけて3〜5cm程度の濃青色の唇形の花を咲かせます。





    →花エリアマップ 6

  • 【サルスベリ】

    【サルスベリ】

    ミソハギ科の落葉中高木。
    比較的長い間紅色の花が咲いていることから百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われています
    花は円錐花序になり、がくは筒状で6裂、花弁は6枚で縮れています。
    サルスベリの名は幹が滑らかで、猿が登ろうとしても、滑ってしまうということかが由来とされていますが、実際には猿は滑ることなく簡単に上ってしまうそうです。

    →花エリアマップ 9

  • 【ムクゲ】

    【ムクゲ】

    アオイ科の落葉低木。
    10-18cmほどの涼やかな花を咲かせます。朝花が開き、夕方にはしぼみ、また翌朝開きます。一重のもので2-3日。八重の長く咲くもので2週間ほど、一輪の花を楽しめます。

    →花エリアマップ 2

  • 【ナデシコ】

    【ナデシコ】

    ナデシコ科の多年草。
    夏から秋にかけて、淡紅色の花を咲かせます。秋の七草の一つです。
    小さく可愛らしい花のため「撫でたくなるほど可愛らしい子」という意味が由来と言われています。「大和撫子」や「なでしこJAPAN」の様に日本女性を表すときによく使われます。

    →花エリアマップ 6

  • 【ブッドレア】

    【ブッドレア】

    フジウツギ科の多年草。
    小さな花を穂状にたくさん咲かせます。花に香りと豊富な蜜があり、英語圏では蝶を呼ぶ樹(バタフライブッシュ)とも呼ばれます。



    →花エリアマップ4

  • 【トレニア】

    【トレニア】

    ゴマノハグサ科の一年草。名前はスェーデンの牧師の名が由来です。
    花付きが非常に良く初夏から秋にかけてスミレに似たユニークな形をした3cmほどの花を次々と咲かせます。




    →花エリアマップ9

  • 【マリーゴールド】

    【マリーゴールド】

    キク科の一年草。原産はメキシコで「聖母マリアの黄金の花」という意の名前です。直径4cmぐらいの黄・橙・暗赤色などの美しい頭花を1個つけます。独特の強い香りがあり、根に線虫の防除効果があるので作物の間などに植えられることもあります。

    →花エリアマップ6

  • 【ホリホック】

    【ホリホック】

    アオイ科の多年草。
    花の形状は花柱を除けばハイビスカスによく似ていますが、花色は様々で真ん中の模様も微妙に異なっています。総合運動公園では白色、薄い黄色、濃い紫と白のグラデーションのものが咲いています。


    →花エリアマップ 4

  • 【ノウゼンカズラ】

    【ノウゼンカズラ】

    ノウゼンカズラ科のつる性木本。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけます。花の形がラッパに似ていることから英語では「トランペット・フラワー」と呼ばれています。

    →花エリアマップ 2、4、7、9

  花エリアマップ

▲このページの先頭へ

年間旬の花カレンダー

年間旬の花カレンダー(上半期)

年間旬の花カレンダー(下半期)

goto top