須磨浦公園

神戸の公園ナビ > 須磨浦公園

須磨浦公園の紹介

淡路島を望む鉄拐山、鉢伏山を含む傾斜地と海岸沿いの松原から形成された景勝地で、有名な源平の古戦場、さらに現在は桜の名所として知られています。
昭和天皇御成婚記念として、鉄拐山、鉢伏山地の御料林(約80ha)、昭和9年には国道沿いの松原(約8ha)の有償払い下げを受け、公園として開設されました。
開園当時からクロマツ、ソメイヨシノの植栽を行い、現在は公園の主要な景観を構成しています。園内には須磨浦山上遊園、隣接する海岸に海釣り公園等の観光施設があります。又、六甲縦走コースの一部でもあり、ハイキングコースとしての利用も多くあります。

[入園料] 無料
[開設年月] 昭和10年8月
[面積] 103.8ha
[主要施設] みどりの塔、句碑・歌碑、松林、ハイキングコース、ロープウェー、回転展望台須磨観光ハウス「花月」、レストハウス(現在出店者調整中)、管理事務所、休憩所、売店、駐車場

トピックス

  • 2014.10.31
  • NEW

11/30樹木医による桜の講演会(須磨浦山上遊園)参加者募集中!

平成26年11月30日(日曜)13時30分から須磨浦山上遊園にて「須磨浦公園のサクラ“神戸一の桜の名勝地を守る”~樹木医とともに~」講演会を開催いたします!

  • 2014.04.23

須磨浦公園の見晴らし

須磨浦公園駅から西へ少し行った場所に見晴らしがいい場所があります。

神戸市公園緑化協会

神戸の身近な公園情報

花時計

レストラン・食堂・売店

花をめぐる文学散歩

神戸みどりの夢基金