FLOWER CLOCK KOBE


花時計タイトル




     

動く花時計 No.486

図案名 G7神戸保健大臣会合
花 名ベゴニア緑葉(白):1700株
ベゴニア銅葉(赤):1000株
シロタエギク(白) : 200株
タマリュウ(緑)100株
合計 3,000 株
植替日 平成28年8月18日(木)

◆G7神戸保健大臣会合◆
9月11日(日)・12日(月)の2日間、神戸ポートピアホテルで、G7(日本、アメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、ドイツ、フランス)各国の保健担当大臣やEU(欧州連合)等の国際機関代表が一堂に会し、国際的な保健課題について議論を行います。

次回植替予定 平成28年9月下旬
神戸花時計について

神戸市役所北側にある花時計は日本ではじめて作られた花時計です。
直径6m、高さが2.25m、傾斜角度15度で、地下に機械室があり、盛土の上に設置しています。
現在使われている時計の針はグラスファイバー製、時針の長さが260cm分針と秒針の長さは310cmです。


動く花時計 −−→
神戸花時計が、現在植栽しているデザインで、今の時刻をお知らせします。


:現在の花時計


過去の花時計をご覧いただけます

過去の花時計

神戸の魅力を写真で綴るwebマガジン「ふぉとあ・ら・かると」において、花時計誕生までの物語や花時計の作り方を紹介しています。

ふぉとあ・ら・かると(2007年No.18)





神戸花時計は、神戸市建設局公園砂防部管理課が管理・運営しています。
電話:078-322-5420

神戸市公園緑化協会

このページは 神戸市公園緑化協会が管理・運営しています。



トップページに戻る




神戸市公園緑化協会へのお問い合わせはこちらまでどうぞ